夜のスキンケア

スキンケアを考える場合に夜のスキンケアは非常に重要なポイントになりますが、特に夜の22時から翌午前2時頃にかけては睡眠中に成長ホルモンというホルモンが分泌されやすくなるため、このホルモンの働きによって細胞の生成を促します。

ただし、成長ホルモンの分泌を促すためには睡眠している必要があるので、十分に睡眠を取ることができてない場合は、肌が成長するためや回復するためのホルモンが不十分な可能性があり、これが理由となって肌トラブルが起こりやすくなっていることも考えられます。

また、成長ホルモンがスムーズに分泌されていても、スキンケアの効果を十分に得ることができてない下準備だといけないので、
睡眠を取る前には必ず保湿クリームなどを肌に塗っておくことが大切ですが、
肌が乾燥することは何よりも肌にとってデメリットになるので特に空気が乾燥しやすくなっている冬や春は気をつける必要があります。

ちなみに、肌を作っている栄養分のほとんどは日頃食べている食事から吸収されて使われているわけですが、
いくら成長ホルモンが睡眠によって分泌されていても、成長を促す栄養分が十分に摂取できてないと意味がないので、食生活を改善することも併せて考える必要があります。

また、睡眠を取っている最中というのは自分が思っている以上に汗をかいていることが多いので、
睡眠前には適度に水分を取っておくことも大切で、この習慣を身につけるだけでも肌の乾燥をかなり防ぐことができる可能性もあります。