ニキビに対するスキンケア

思春期頃にピークを迎え、大人になってから再び発症することがある肌トラブルの一つにニキビの症状がありますが、ニキビというのはアクネ菌という細菌が顔に分泌される皮脂に影響することで炎症を引き起こす症状のことで、一度癖になってしまうとしつこく生成されるようになります。

学生頃に出てくるニキビの多くはホルモンバランスの乱れが関係しており、症状も個人差があるのが特徴になっていますが、大人になってからできるニキビについては生活習慣の乱れが深く関わっているケースが多くなっており、食生活やストレスなどは特にニキビの生成を助長すると言われています。

ニキビに対するスキンケアを考える場合にアクネ菌が増殖しないように肌を清潔に保つというのが一つのポイントになってきますが、特に皮脂が顔から多く分泌している人は、アクネ菌が好む餌の皮脂が有り余っていることから細菌が繁殖しやすく、ニキビができやすい状態を作ってしまいます。

ニキビができて放っておくと皮脂が酸化して臭いの症状として出てくることもありますが、この状態が悪化してくると加齢臭と呼ばれるようになります。

そのため、ニキビができにくい肌を作るためにしているスキンケアは、結果として加齢臭の対策にも有効ということにもなります。

ビタミン類などを積極的に摂取することも肌トラブルを低減させるための有効な手段になりますが、
バランスのとれた食事をすることが健康面も考慮した場合に大切です。