紫外線の肌への影響

肌のスキンケアを考える場合に紫外線対策は欠かせないポイントになりますが、地球に熱を供給してさまざまな生命の維持にも寄与している太陽は良いことばかりではなく悪い要素もあります。

特に太陽光線に含有されている紫外線という太陽光線には、肌荒れの要素も含んでいるので、気をつけないと肌トラブルが顕著なものになってしまう可能性があります。

紫外線による肌荒れのトラブルを減らすためのスキンケアとしては、紫外線クリームの使用が未然に防ぐ有効な方法となりますが、
このクリームを肌に塗布することによって、肌が紫外線の影響を直接的に受けることを防ぐことが可能になります。

ちなみに紫外線が降り注ぎやすい時期は、年間を通して春先から夏頃にかけてピークになっていますが、
夏なら紫外線のイメージがあるので自然に対策を検討する人も少なくないと思います。

晴れている日はもちろんのこと、曇りの日や雨の日でも太陽から照射されている紫外線量はゼロではないので、
肌の状態が気になる場合やスキンケアを考えるのであれば、太陽の日射量に関わらず紫外線対策をすることが望ましいと言えるでしょう。

しかし、春はあまり紫外線が強いというイメージがないことから、ついついスキンケア対策を怠ってしまい紫外線で肌が焼けてしまうこともあるので注意する必要があります。

また、紫外線を浴び続けると乾燥肌になることやシミができやすくなるだけでなく、遺伝子に傷がついてしまって皮膚癌になってしまう可能性もあります。