皮脂性の肌の特徴

お肌のスキンケアを考える場合は自分がどのような肌のタイプかによっても方法が異なるので、まずは自分の肌の状態をチェックするところから始まりますが、大きく分けると乾燥系のタイプか皮脂系のタイプに分かれます。

皮脂性の肌の人の特徴は酸化した臭いが顔や頭皮からしやすいという特徴がありますが、皮脂性というのは毛穴から皮脂が分泌されやすい状態の肌のことで乾燥はしにくいものの、さまざまな肌トラブルを引き起こす原因にもなっているので注意が必要です。

なぜ、皮脂が分泌されるのかというのは本来なら肌に対して一定の潤いを保つためのものですが、食生活やストレスの増加など主に生活習慣が原因になることによって皮脂の生成が通常ではなくなることで皮脂性の肌になると言われています。

皮脂が分泌されやすくなると皮脂が酸素と結びつきやすくなるので皮脂の表面は酸化しやすい状態が作られることになりますが、表面が酸化することによって酸化臭が発されることになるので強い臭いとなってしまうというわけです。

そのため、皮脂が過剰に分泌している場合のスキンケアを考える場合は皮脂の分泌をできるだけ低減させるというところに焦点が集まると思いますが、皮脂の過剰分泌は加齢臭やニキビの症状、頭皮であれば薄毛や脂漏性湿疹と呼ばれる赤い発疹の症状を発症する可能性があります。

症状を悪化させないためにも早いうちから肌のスキンケアをして肌の皮脂の状態を健康に保つ必要があります。